新GGA公式ブログ

新しく生まれ変わったGGA公式ブログ

GGA 2020年のあらすじとか主要選手の解説

GGA

当団体のこと

 

GRIMM

スポンサー兼親会社。英国の食器メーカー。

 

NOWNOW

スポンサー。衛星放送のテレビ局。

 

ノーチス・ブランカ

GRIMMが傘下に収めているプロレス団体の1つ。本拠地はスペイン。

現在GGAと団体の境目を越えて抗争中。

 

武神

GRIMM傘下の格闘技団体。本拠地不明。

GGAに敗北して以降、プロレスに強く拘っていたが…!?

 

アヴァロン

GRIMMが最初に経営していた団体。

今は倒産している。

一ノ瀬隼人も所属していた事がある。

 

夏めぐみ

GGAの社長。GRIMMの社長であるローバとは犬猿の仲。

大のプロレスファンだが経験は皆無。

 

ローバ

GRIMMの社長。母親が一ノ瀬隼人に恋をしてしまった影響で家族仲が険悪になり、結果として両親は離婚。

そのせいでレイ・テクニカを目の敵にしている

 

一ノ瀬隼人

レイ・テクニカとは何も関係がないと思われる日本人レスラー。現在失踪中。

 

 

GGA所属

アダルベルト

GGAの設立者。なのだが経営面は夏社長や盟友のデモニオに丸投げして諸国漫遊の武者修行に出ている。

たまにどっかから拾ってきた怪人をGGAに連れ込むので妻やスタッフから若干白い目で見られている。

 

 

ドクトル・デモニオ

同じくGGAの設立者。元々はファンタズマと呼ばれる団体を経営していたがGGAと統合した。

今までのノウハウを生かし、GMとして活動している。

オネエ口調だがオカマではない。

 

 

レイ・テクニカ

GGAのエースでありアダルベルトの義理の息子。純日本人。

団体を越えたユニット、T.L.Bのリーダーも務める。

キザで自信家だが、トレーニング熱心で技の研究に日夜励んでいる。

ほぼ1日中道場にいるので彼の機嫌を損ねると面倒。

アダルベルトの一番弟子ではあるが、何故かデビューは1番遅かった。

米国で少しの活動後、日本に戻り各地の地方団体で活躍のちGGA設立に伴いアダルベルトら家族達と合流。

ノーチス・ブランカシェリダンに敗北して以降黒星が続いている為、もう一度アダルベルトからの師事を受け、彼の必殺技であるアステカ・プランチャを継承した。

 

 

エル・カヴァレロ

アダルベルトの実子。父の自由奔放な生き方に翻弄され続け、彼をリングで倒すためにプロレスを始めたのがきっかけ。

父に頼らず欧州で修行を積んでいた所をデモニオに誘われ、米国でデビュー。

米国で活動していた"兄弟達"を倒すために活動していたが、GGA設立に伴い日本へ大移動した為、追うように彼も日本へ渡る。

テクニカへ敗北した事がきっかけで家族仲は改善しつつある。

 

 

アギラ

ファンタズマのエースだった男。

正体どころか居住地も不明。デモニオのみが知っている。

かつてはレイ・テクニカの親友である坂上である事が明かされたが現在中身は別人。

現在団体内では無敗。

 

 

ビエント

アダルベルトの義理の息子。

メキシコ人と日本人のハーフ。

MMAの経験を生かしたファイトスタイルが特徴。

現在は武神で修行中。

慎重で丁寧な性格で、大雑把な選手が多い中団体内の人間バランスを保つ存在であったが、上記のように今は武神へ出張中であるので彼の帰還を望んでいるスタッフは多い。

 

 

フェルサ

アダルベルトの義理の息子。ドイツ人。

兄弟内ではいまいち華がない事がコンプレックスであったが、今は肉体改造に成功して猛威を振るっている。

ノーチス・ブランカからの猛攻を凌ぐためにあえてなりふり構わないファイトスタイルへと変えた。

 

 

ボンバレオ

アダルベルトの義理の息子…なのだが、アダルベルトにたまに存在を忘れられる。

テクニカとはかなり険悪だがテクニカ自身には相手にされていない。

同じドイツ人であるフェルサとは仲がいい。

団体内1のハイフライヤーだったが、最近はその位置も危うい

 

 

グラシア

アダルベルトの義理の息子であり一番の問題児。

家族の中で1番のヒールであり、デビューが兄弟達で1番早く、北米にある大手団体で活躍した。

ユニット「エクスティンクション」を結成したが、ユニットごとGGAへ移籍した。

 

 

バイラス

エクスティンクションのメンバーの一人。

失踪中。

 

メテオール

エクスティンクションのメンバーの一人。

失踪中。

 

 

ヘンチマン

アダルベルトの付き人。彼の無茶な旅行計画は彼なしでは成り立たない。

 

 

TAKI

アダルベルトの日本の友人。

頼んでもないのにGGAへ移籍してきた。

白星は0

 

 

バーニング・アギラ

テクニカらと戦った方のアギラこと坂上が新たな姿となって戻ってきた。

ノーチス・ブランカ相手に暴れ回っている。

 

 

マンティコア

アダルベルトがインドから連れてきた猛獣。

最近は大宰府で休養している。

 

 

宇宙恐竜

アダルベルトが神戸で捕まえてきた猛獣。

人の言葉を理解出来、勉強熱心な性格。

佐賀で暴れ回っていたが、最近は疲れからか別府で休養している。

 

ワールム

日本語勉強中の新人。

団体外でかなりの活躍をしたが、日本語が苦手なので発言に困っている。

 

ノブシ

いつのまにかGGAにいた新人でありテクニカの付き人。

自分の事をサムライだと思い込んでいる。

 

Rey 1

旧名 ヴァリアント・ドラゴン。

アダルベルトから名前が覚えにくいと指摘され変更したが、活躍はあまりない。

テクニカのタッグパートナーであり弟分だったが、彼はTLBを結成したのでいつの間にか無かったことにされている。

 

 

武神

スサノオ

武神と武神流拳法の創設者であり、武神というワードは彼自身を指す言葉でもある。

北米裏社会の地下闘技大会で活動していた影響で国籍をアメリカとしているが日本人である。

今は後進を育てることに専念している。

 

 

タケミカヅチ

武神流の正当後継者。

プロレスに憧れている空手家。

クールぶっているが情には熱い性格。

今はビエントとの交友が楽しいようだ。

 

 

アラスダ

元力士。

ファンタズマ所属だったが引き抜かれた。

シンガポールに双子の兄がいる。

 

 

ヤマト

正確には元武神。

GGAと武神の対抗戦に乗じ、武神として実力が衰えたスサノオに反旗を翻した。

しかしテクニカに敗北。

以後姿を消しているが…?

 

 

ノーチス・ブランカ

サタナス

本名 藍神 月葵(あいがみ  みつき)

ノーチス・ブランカの総帥であり、アダルベルトの旧友。

別名魔王。

アダルベルトらを倒すためだけにノーチス・ブランカを設立。門下生や所属選手は彼にとっては手駒にしかすぎない。

 

シェリダン

魔王の側近とも言える団体のエース。

まるで軽量級のような身軽な動きを得意とする。

テクニカを破り、現在王座を手にしている。

 

 

イーラ

シェリダンが側近ならば彼は切り込み隊長と言うべきだろう。

とにかく戦いが好きな男。ゴリラとよく言われるのを気にしている。

デスマッチを好んでいるがGGAでは通常行われてなかった為、やや不満だった。

今は断崖爆破デスマッチを楽しみにしている。

 

 

パンテラ・シュバルツ

旧名 パンテラ 

各地の団体を渡り歩いているフリーのレスラーだったが、シェリダンに完敗した事によりノーチス・ブランカへと所属した。

順調に勝ちを重ねていたが敗戦の罰ゲームでメンバーが落書きした鎧を着せられるという罰ゲームをくらう。

その後、ティブロンに誘われ祖国であるドイツで修行を詰んだ。

 

 

ティブロン

元々はドイツのある団体のエースであったがノーチス・ブランカへと引き抜かれた。

中々出番のないまま年越しそうなのでドイツに帰ってる。

 

 

ローボス

シェリダンも認める団体内最強クラスの男。

面倒くさがりなので興行等にはめったに姿を現さない。

 

 

ベルーガ

フェルサの元カノのお兄ちゃん。

彼のことは認めてるのでなんとか妹とよりを戻して欲しいと思っている。

 

 

レイ・グロトネリア

団体1ズルい男。成り上がろうとしたが、サタナスに制裁を加えられ、現在入院中。

 

 

 

その他

月島 葵

突如GGAの選手枠を勝手に使って出場したいい男。