新GGA公式ブログ

新しく生まれ変わったGGA公式ブログ

HPW プリンセスロード 夢を継ぐもの

 

「な、なんとーーー!!夢香、夢香、夢香が酒井に勝ったーー!!完璧なフィッシャーマンズスープレックス!!4期生軍!!最後の最後で勝利を掴みました!!ただ負けるだけでは終わらない!意地を見せたーーー!!」

 

ざわめく観客席。

流石にこの勝利を予測していた者は居ないようだ

 

「はぁ…はぁ……や、やりました!!!」

 

声高く叫ぶ青山 夢香。

静寂と混乱を打ち破り、歓声が巻き起こる!

 

「ま、まさか返せないなんて……」

ふらふらと起き上がる酒井 エリ。

夢香は彼女へ肩を貸す。

 

「エリちゃん。ありがとう」

 

「は?」

 

「私、デビューしてからどうやったら涼さんと戦えるのか、あそこまでたどり着けないのじゃないのかと諦めてたんだ。

でもね、今回みんなが負けて、エリちゃんと戦って……分かったんだ。

エリちゃん達もここで頂点を取る夢があって戦っている。

夢を持つからこんなに強いんだ…って

だから、私も諦めない、光を掴む為に、最高のステージの為に戦うよ

エリちゃんの夢があったから私は戦えたんだ」

 

 

「ふん……今回はたまたまなんだから……」

 

「またやろうね!」

 

そして、セコンド席より井伊 やよいがリングへと上がってくる

 

「よお!オレは四天王の一番槍…やよい様だ!

まさかエリを倒すとはな…偶然でも驚いたぜ!

でも、その偶然が続くかな…」

 

「バカ、何言ってんのよ。今回の対抗戦は私が負けて3勝1敗で終わり…」

 

「は!?大将が負けておいて、このまま勝ちました!ウェーイ!とか言えるかよ!」

続いてマイクを握り、話しながらリングへ上がる本多 霧江。

 

「そうだぜ、オレたちだって青山先輩と戦いてえんだ!」

 

「おう、そこでだ!この聡明なる本多様がいい案を考えついたんだ!」

 

「でも発案者はオレだぜ!」

 

「細けえことは気にすんな!このまま青山パイセンVS四天王の勝ち抜き戦でどうだ!」

 

ざわざわ…

 

「いいよ!」

即答で返事をする夢香

 

「うおおおおお!!!夢香頑張れー!」

観客席から彼女を応援する声が飛び交う

 

「てことで、次はオレが相手だ!先輩!」

 

「ちょっと…勝手に…」

 

「ふぉっふぉっふぉっ、負けた選手は1度しまっちゃおうねえ」

 

「霧江!?何すんの…きゃっ!」

狼狽える酒井をボロ袋で抑え込む本多。

 

「エリちゃん!?」

 

「でぇじょうぶだ、後で仙豆飲ませっから」

 

「せ、仙豆…?」

 

「さ、先輩!よろしくな!」

 

「う、うん……よろしくね!やよいちゃん!」

 

握手をする両名。

 

そしてそんな彼女らを控え室のモニターで眺める龍造寺と冴島達。

 

「夢香……やったな」

 

「ま、自分に1度は勝ったんだからこれくらいしてもらわなきゃね〜」

 

「ああ、彼女の物語はまだプロローグにすぎない。これから頑張ってもらいたいものだ」

 

「ちょっと〜夢香に肩入れしすぎじゃない?」

 

「すまん、すまん、ああいう子を見ると応援したくなるんだよ」

 

「ま、その気持ちはわかるかな〜自分も同世代じゃなかったら夢香の事応援してたもん」

 

「ん?今は応援してないような口振りだね」

 

「今回はねー酒井の事応援してたんだ」

 

「ほう、何故?」

 

「だって十傑とやらは海外に遠征いってるし、三銃士とかいう人は本当に所属してるのか分からないくらい見たことないしーーもう戦う相手がいないんだよー!!

それが、今回夢香が負けたら自分に挑戦するって聞いたから楽しみにしてたんだよ〜!」

 

「次に彼女と戦えばいいじゃないか」

 

「あの子、プライド高そうだから夢香に勝つまで応じてくれなさそう…」

 

「それは確かに……」

 

「私と戦おう」

 

突如として2人の会話に入ってきたのは島津 香瑩。

学園二期生唯一の入団生であり、十傑や三銃士と現在も抗争中の実力者だ。

 

「ええっ!?いつのまに?」

 

「青山の試合が始まってからずっといた」

 

「気づかなかった……」

 

「先程、お前が言っていたように私も戦う相手が居なくてな。暇なんだ。」

 

「ええっ!でも…島津と抗争していた三銃士?って人達はどうしてるんだ?」

 

「私も知らない。急に連絡が途絶えた。LIMEも送ってみたが返事がない」

 

(連絡先交換してるんだ…)

 

「さて、返事はどうするんだ?」

 

「OKだよ!よろしくね!」

 

怒涛の勢いで次の対戦相手が決まった2人!

唯一無二の妖精を相手に天才はどう戦うのか!?

そして急遽勝ち抜き戦となった四期生VS五期生!夢香は勝ち進む事が出来るのか!?

 

次回

TAKE ME HIGHER!」