新GGA公式ブログ

新しく生まれ変わったGGA公式ブログ

GGA 2021Episode レイ・テクニカ〜太田戦終了後のコメントと次回対戦相手〜

バックステージでアダルベルトに抱えられながら席に座るレイ・テクニカ。

机に置いてある水を含んだ後に、語り始める。

 

「ハア…ハア……時間切れ?嘘だろ?タイムアップに救われたみてえで情けねえな…ちくしょう……!

……アイツらGWFと戦う為に俺はキックボクシングのジムに通い続けたわけだよ。

打撃対策ってやつだな。

でも実際は大した収穫にならなかったよ

…ハア…ハア…だってアイツの打撃強えもん!

今回よお、月島家との対抗戦、俺はパスしたんだ。俺が戦わなくても任せれる連中だし、結果勝ち越したわけだからな。

俺はアイツらに任せて自分のために太田とやり合ったわけだよ…

だが結果はどうだ?時間切れ引き分け!アホかって!

……そりゃ試合自体は良かったと思ってるよ

あそこまでバチバチ殴りあえたのなんて久々だしな。

……うし、決めた!俺はサタナスに挑戦する。

そしてそのベルトを手にし…王者として太田を最初の防衛戦の対戦相手として指名する!

 

話に聞いたところ、俺があちこちで遠征して留守してる間、サタナスのやつはベルトを手にしてから1度も防衛戦をしてないんだろ?

そんな弱気な魔王に負けるわけがねえだろ?

 

「甘い!!それは甘いぞ」

 

話を横で聞いていたアダルベルトが話に割り込む。

彼はサタナスと幾度もなく戦った男、魔王の強さは身をもって知っている…!

 

「あ?じゃあどうすんだよ、挑まない事には話が動かねえじゃないか」

 

「それはそうだ。しかしお前が今挑んだ所で負ける。確実に」

 

「まーた修行だとか言うのかね?」

 

「その通りだ」

ニヤッと笑う我らがマエストロ

 

「次の対戦相手はお前さんが1番"苦手"なあの男と戦ってもらう。もう話もつけてきた」

 

「苦手?そんなものありませーん」

 

「神宮寺 皇雅」

 

「チェンジで!」

 

「バカタレ!!」

 

「えーーーあいつと戦うのかなり疲れるんだよ!足長ぇし!声かっこいいし!腹立つんだよ!」

 

「もう試合は決まって今日からチケットも発売だ、諦めろ」

 

「しゃあねえな……オイ!神宮寺!聞こえてるか!お前は俺に持ってないものを沢山持っている!正直気に食わねえ!今度こそ借りを返してやるからな!首を洗って待ってろ!!!」