新GGA公式ブログ

新しく生まれ変わったGGA公式ブログ

GGA チャンピオンズロード "ベノム・ビースト"

 

何時からだろうか、戦いに虚しさを感じたのは

 

僕は産まれ育った部族の力を示すためにプロレスラーになった。

スワンプマン。その名の通り、沼地から現れた毒の怪物として多くのレスラーをマットへ叩きつけた。

 

僕は力を示すが、試合を見に来ているみんなは僕を見ていない。

いや、見ているのだが、部族の誇りも、素晴らしさも何も見せれていない。

 

ただ、ひたすらに恐怖、自分の好きなレスラーが負けたことによる悲しみの声の方が大きかった。

 

僕はだんだん歪んでいった。

相手レスラーが苦痛の表情をするのが楽しくなってきた。

むしろ、腹いせにそうならざるを得なかった。

 

 

デビューして3年目。

我に返った。

僕は暴力の為だけに闘ってるんじゃない。

 

このままだともっと歪んでいく気がした僕は団体にパートタイム、実質フリー状態の契約を結んだ。

 

僕の闘う目的を知っているフロントは申し訳なさそうに、悲痛さを噛み締めながら謝ってきた。

 

ならもっと別の売り出し方があったんじゃないか?と思ったこともあったが、僕みたいな野良犬を拾ってくれただけでも感謝だ。

 

戦わないと給与が発生しない代わりに、無理に出る必要が無い……

自然と暮らしてきた僕にとってこれが正常だった。

 

それから数年後、後輩で僕と同じような自然派のグレゴリーさんが入ってきたが、彼にも勧めたけど、彼は団体の支えになる事が恩義を返す事と反論され、断られた。

 

真面目だなあ。と思った。

 

 

ある日、僕はゴーストさんに呼ばれグレゴリーさん、アンジェロさんと共に彼に誘いを受けた。

団体に不満はないか。今こそ蜂起の時だ。

だのなんだの言われていたが、ここまで好き勝手にやらせてもらってる手前、誘いにはイマイチ乗れなかった。

 

グレゴリーさんも当然乗らなかった。

よかった、さすが僕が認めた男だ。

 

もう1人のアンジェロさんはあまり興味が無い。弱そうだもの…

 

僕は断ったグレゴリーさんが心配で都市部へ泊まり、テレビで放送を見ることにした。

 

普段全くチェックしないけど、何かいじめにあったりしてないか心配だ。

見たところで分かるわけではないけれど、ゴーストさんにああ言われてから少し、向き合えるというか…現状に興味がでてきた。

 

どうも、次はデヴィッド・マクレガーという大型ルーキーがグレゴリーさんと戦うらしい。

 

その試合を見ると衝撃的だった。

彼からは荒々しいスピリットを感じた。

この男の苦痛の表情は僕に失われた何かを取り戻してくれた。

 

 

そして、マッチメーカーの冴島さんから連絡がくる。

次、マクレガーと戦ってみないか

 

僕は二つ返事でOKをだした。

冴島さんは驚いていた。当然だろう、5年間リングに上がるのを拒否していた男がOKをだすと思わなかったんだろう。

 

ただ、あの見慣れた港町へたどり着いた時、後悔が襲った。

マクレガーを倒すことで僕はまた非難されるのか。

 

杞憂した気持ちの中、酒場によるとマクレガーを見つける。

そうだ、リングに上がる前に潰せば僕はあの目を見なくて済む。

 

そう思ったが上手くは行かなかった。

 

ただ、彼との試合を楽しみにできるようになった。

アンリミテッド・サバイバー…不死身か、いいあだ名だ。

そんなマクレガーと今から試合だ。

 

 

実に楽しみだ。僕を倒してくれるのだろうか。

 

試合↓

 

https://youtu.be/bsC_dcdSzRA